釣り情報釣り情報

【渓流】望月竜也(山梨県 南巨摩郡)

テスター
望月竜也
釣行日
2018/09/24
場所
山梨県 南巨摩郡 早川水系 奥沢谷
釣果
アマゴ 18cm〜28cm 6匹
ロッド
がま渓流 マルチフレックス 粋我 硬調 6.0m
A1 ハイパー渓流 7号
ライン
ハリス 0.6号、オモリ G2〜5B
エサ
ミミズ、ブドウ虫
普段は伏流しているがこの日は流れがダム湖に繋がっていた。
狙い通りに数本の良型アマゴが竿をしぼった。
大場所では左右の巻き返しを交互に狙い複数の魚を引き出す事に成功。
背ッパリの雄アマゴは27cmだったが強烈な引きを楽しんだ。

9月24日の連休最終日に山梨県早川町の奥沢谷に入渓した。

実は午前中に他の河川で竿を出したのだが、魚信が少なく魚影も見えない状況で小型アマゴ数本の釣果に急遽転進を決めた。しかし車で1時間ほど移動したため到着は13時近くになってしまった。

増水の影響で普段は伏流して広河原と化すバックウォーターがダム湖と繋がり、産卵を控えた良型が遡上すると睨んでの河川選択だった。竿を出す時間は1時間半程しかなく、魚が止まりそうな場所をピンポイントで攻める釣りとなった。

先行者の足跡があったため少しでも遠くからのアプローチを狙って竿はがま渓流 マルチフレックス 粋我 硬調 6.0m。良型のパワフルな引きを想定し、ハリス0.6号に軸が太く鈎立ちの早いA1 ハイパー渓流 7号をチョイス。ブドウ虫をエサに様子をうかがう。

水量があり瀬の流れが速くなっている。水深もあり魚が潜むには好条件と思われる落ち込みの巻き返しに仕掛けを馴染ませると「コツコツ」と反応が現れた。狙い通りの一尾は18cm程の小型アマゴだった。

餌をミミズに変え逆サイドの巻き返しから淵尻に流すと24cmが竿を絞る。淵を猛然と泳ぐ元気な引きを堪能した後は再び最初の流れで勝負した。細かな魚信があったので投入点を換え底への送り方を変える。しっかりと食込んでいるのがわかる程の魚信が出て26cmの幅広な雄アマゴを手にすることができた。

その後も遡上した魚が潜みそうな水深があるポイントを攻めると良型のアマゴが掛かったが、押しが強い流れに加え重量のある魚を相手にしてもがま渓流 マルチフレックス 粋我 硬調 6.0mはしなやかな曲がりで魚の引きを吸収するだけでなく、スムーズに寄せられるパワーで27cmはある雄アマゴも難なくタモ入れできた。

読み通りに魚を引き出すことができ、さらに数尾のアマゴを引き出したが期待の尺アマゴの顔を見ることはかなわず、時間になった竿を仕舞った。河川選択やポイントの読みがズバリと当り会心の釣行となった。

今シーズンも残りわずかとなったがまだまだチャンスはある。思い出に残る魚との出会いを求めて渓に出かけてはいかがだろうか。

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表



がまかつ

マイナビ2020

YouTube がまかつ公式チャンネル

Facebook