がまかつ

HOME

  • 会社概要
  • お知らせ
  • 製品情報
  • イベント情報
  • 釣り情報
  • 採用情報

外部リンク

釣り情報釣り情報

【船】中塚靖浩(京都府 京丹後市)

テスター
中塚靖浩
釣行日
2017/03/05
場所
京都府 京丹後市 間人沖
釣果
マダイ 32cm〜85cm 9匹、イサキ 32cm〜33cm 2匹
ロッド
がま船 真鯛SPECIAL LV H
ケン付真鯛 11号〜12号
ライン
ライン フロロカーボン 6号 300m(下巻き5号50m)、ハリス 7号 3本バリ

前回「来れるなら日曜日(5日)も来てみたら?」と言われたので釣友二人と私の3人で釣行しました。

朝9時前に港へ着き支度をしていると船長からなんと前日4日の土曜日は船長さんの釣果も入れて80匹だったそうです。30cm台が多かったそうですが、この時期にこんなの初めてだという事でした。

9時過ぎに出航し10分程で54mラインに到着しました。前回に1日に好釣果の私は半強制的に左舷の胴へ入ることに。

竿はがま船 真鯛SPECIAL LV H。そして前回大活躍したケン付真鯛 11号。ハリ先鋭く貫通性が高い鈎です。仕掛けは前回と同じ自作のシーガー船ハリス7号にケン付真鯛 11号。枝バリにはスピンリングを使い、その上下をそれぞれナイロン糸で編み込んでいます。

潮はわずかに東へ行っている本潮。速くもなく良い感じです。

第1投まずは何もせずストレートで流してみます。左舷100mで早速アタリ。結構な重量感で40cmクラスのマダイのダブル。続いて私も120mで糸が走り「来た来た」と応戦。40cmのマダイ。
    
今日のタナは100mから120mのよう。もう1匹追加したところで北寄りの風が吹き出し、船の向きが沖に向き出したので右舷に移動。潮が無いためゆっくり道具を落としたいと思い、Bの浮きを付けて入れることにしました。

上潮が船に沿ってトモへ行くため流しづらい。底潮へ入ったところで糸の出を絞っていくと143mで糸が走ります。指でスプールを押さえて竿に乗っている事をを確認しながら糸ふけをとってから大きく合わせ上がったのは56cmのこれもマダイ。次も同じように流すと140mで走った。かなりな重量感。ここは魚を怒らせないように上げ85cmのマダイ。

この釣り方で釣れていますが時間が掛かり過ぎ、トモとオマツリするためで浮きを外し、早めに沈めて底潮に入れ、上潮に糸をもって行かれないようにコントロールしながら流していると132mで糸が走り68cmのマダイ。

この間、誰かがアタリを出していたところで納竿を迎えました。船長の釣果も入れ全体で50匹。小型が多かったものの目を見張る釣果でした。

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表

がまかつ