がま鮎 競技スペシャルV7

がまかつの鮎竿は先進の「感度+操作性+攻撃力」で迎え撃つ

競技会により適応した
スペシャルロッド

7代目競技スペシャルのコンセプトは「実戦」です。「競技」というネーミングの通り競技会において必要とされる性能を調子毎に究極進化させました。全国各地の河川での競技会を実際に想定して的確に対応できるようにチューンナップしました。
鮎釣りにおいての一連の動作のすべてにおけるロッドの役割を解析し、ストレス無くこなせるように、各継番をより最適化しました。
感度を生みだすエクストラセンサーやネジレを防止しコントロール性能を高めるスタビライザーシステムも搭載しています。替穂には超高感度のテクノチタントップとSIIソリッドトップを搭載しています。

POINT:テクノチタントップ替穂先 SIIソリッドトップ替穂先 付属

  • 振出
  • ダイレクト
  • チタン
  • ソリッド
  • チュブラ
  • エア尻栓
  • テクノチタントップ

    テクノチタントップはβチタンの中空構造かつ高弾性素材なので、従来の形状記憶合金に比べ、軽く、張りがあります。これにより、カーボンチューブラとさほど変わらない持ち重りやパワーで、なおかつ金属特有の高感度を実現しました。

    テクノチタントップ
  • エクストラセンサー

    感度を向上させるための特殊設計。力の流れを若干止める部分をあえて作ることにより、そこで振動が生まれ感度が向上するので、ラインから伝わる僅かなテンション変化を敏感に感じることができます。

    エクストラセンサー
  • PCS(パワークロスシステム)

    引抜急瀬のみ

    従来のカーボン素成に45°方向の高強度カーボン繊維を双方向から入れることにより、ネジレに対する剛性を強化しました。これにより、ロッド全体の反発力・パワーを遺憾なく発揮し、ロッド本来のポテンシャルを100%近く引き出すことができます。

    PCS
  • スタビライザーシステム

    硬中硬・胴抜早瀬・引抜早瀬のみ

    引き抜きコントロール性能を向上させるシステム。引き抜き時に鮎をコントロールするのを主に担う#3に着目。引き抜き時の竿のブレをなくすために#3をネジレに対して強化。対方向性が向上し、安定した引き抜きが可能になります。

    スタビライザーシステム

無敵の証明

トップトーナメンターが体感した新生5アイテムのポテンシャルとは...

実釣力を探るField Impression

硬中硬9.0m

余計な反発力を抑え初期の鮎に適した張りと粘り
ためるだけで抜くタイミングが分かる胴調子だが高い操作性能も合わせもつ
廣岡 保貴ひろおか やすたか
和歌山県日高川の龍神地区で生まれ育ち、小学5年から鮎竿を握る泳がせ釣りのスペシャリスト。トーナメントでの実績は高い。和歌山県日高郡在住。1978年生まれ。

「硬中硬」9mは、野鮎が掛かり暴れて抵抗しても、ためているだけで竿がそのショックを吸収して、抜くタイミングを教えてくれる竿です。基本は胴調子なのですが、「GTI」の極み泳がせよりは、張りと反発力を持たせています。また前作の「V6」の同機種ではパワーがありすぎたので、初期の若鮎にはバラしが発生することもありました。今作は初期の鮎ができあがってない小型でも身切れの心配はありません。特に競技会の予選会が行われる時期には最適ですね。中小河川では初期から後期まで使えますし、20cm前半なら難なく対応できますよ。

数釣りに威力
22cmクラスならどんな河川でも対応してくれる。
特に中小河川での数釣りに威力を発揮する。
操作性の良い胴調子
シャキッとした胴調子のため、操作性もよく掛かり鮎に遊ばれることなくスムーズに取り込める。またバレも少ない。
泳がせ釣りにも好適
瀬肩から静かにカミへと泳がせる。廣岡が得意とする繊細な泳がせ釣りをみせてくれる。細くて軽い仕上がりなので余計なテンションがかからずオトリは自然に泳ぐ。

胴抜早瀬9.0m

オトリ操作を徹底的に追求した新調子
胴調子を活かしたオトリ操作性を徹底的に追求し水面下の状況が手に取るようにわかる
廣岡 昭典ひろおか あきのり
兄(保貴)の影響で10歳から鮎釣りをはじめる。切れ味が鋭い引き釣り系統の攻めが武器。2016年には"G杯"の頂点に立った。その他トーナメントの実績は抜群。和歌山県田辺市在住。1980年生まれ。

「胴抜早瀬」9mは胴調子であるにもかかわらず、オトリをコントロールしやすい、がま鮎には今までにない調子です。どのような状況下でも、オトリにテンションを掛けて探っていく際に竿の粘りでオトリが水中姿勢を崩さず追われる姿勢を演出しやすく、狙いの筋を外すことなく維持できることが最大の特徴です。また、細身設計と竿のバランスによりオトリが野鮎に追われた時に発する「ゴゴッ」とか「ググッ」という低音振動を感じ取る"低音感度"がすごく良い。川の中がまさに手に取るように分かる竿ですね。20cmクラスは余裕で対応でき鮎が大きくなると元竿を曲げてやることで余裕を持って対応できます。

低音感度の伝達が秀逸
基本的には15〜25cmまでがメインターゲット。20cmクラスなら余裕をもって取り込める。25cmになると元竿を曲げるくらいの気持ちで対応すると本来のパワーが楽しめる。
幅広いターゲットに対応
今回の胴抜早瀬は細身で重心を竿の中心付近に持っていくことで、オトリが野鮎に追われたときの低音感度の伝達がしっかりと手元にくるのがうれしい。
胴のパワーは釣法を選ばない
中小河川でも太い流れがあるところでも胴にパワーがあるので十分に対応できる。泳がせ釣りはもちろん引き釣りや引き釣り泳がせにも最適である。

引抜早瀬8.5m 8.8m

細身肉厚設計で軽さとパワーを両立
レングスを生かした高い操作性と細身から想像もできないパワーを持つ
北村 憲一きたむら けんいち
小さいころから釣りにふれあい、地元高知県四万十川で鮎釣りに出合い腕を磨く。師匠である松田稔氏譲りの豪快な釣りを受け継ぐ。磯の尾長グレも得意。1971年生まれ。高知県高岡郡在住。

今回の王道の「引抜早瀬」9mとは若干コンセプトが異なる、8.5、8.8mの開発を担当しました。超高弾性カーボンを採用し細身肉厚な竿に仕上げることで、高い操作性を維持しながら、軽さとパワーを両立。特に竿の手元に掛けて竿が綺麗に曲がるので、持った感じからは想像できないパワーを発揮します。様々な状況下においてテストを行いましたが、特に印象的だったのが、下竿にしてオトリを送り込んだ瞬間に掛かって下に走られた際に、従来の竿なら自分が下がって角度を立て直すか、バラしを覚悟して強引に取り込むかという竿の角度だったんですが、竿の角度を立て直すのも容易にできて不思議なくらい簡単に取り込めてしまいました。細身肉厚設計の短竿の高い操作性能とパワーに改めて驚きました。特に8.8mは9mに比べてたったの20cmの差ですが、コントロールのしやすさは唯一無二だと思います。適応サイズとしては26cmくらいまでが射程圏内です。

オールマイティーな一本
引き釣りでも泳がせ釣りでもオールマイティーに使える。これはトロ場で仕留めた26cm。
急瀬の流れにも余裕で対応
四万十川終盤のサイズは大きくて力強い。急瀬の流れの中からでも余裕でぶち抜ける。
抜群の操作性とパワーのバランス
抜群の操作性でアプローチして野鮎を挑発する。前モデルのV6シリーズにはなかった8.8mの操作性とパワーのバランスに注目。

引抜早瀬9.0m

究極のオールラウンダー
高バランスで用途を選ばない最強の超万能ロッド
福田 眞也ふくだ しんや
22歳で本格的に鮎釣りをはじめ和歌山県日高川や熊野川で腕を磨く。トーナメントでの実績も多く、温厚な人柄と分かりやすい解説で全国にファンを持つ。1953年生まれ。奈良県五條市在住。

「引抜早瀬」9mの竿を担当しました。この竿に求められる最大の性能としては、様々な状況下において最も高次元に広い範囲に対応できるオールマイティー性能です。競技会を想定した場合、河川によって、ポイントによって、時期によって様々な状況を釣りこなしていく必要があります。そのため、穂先〜元竿までの各継番のバランスをセクション毎に見直し、負荷の掛かり具合によって的確な反発力を生むようにしています。そのため,オトリ操作の際は的確に動かしていける先調子気味に感じますが、野鮎が掛かると自然と胴が曲がり込みバレにくい絶妙なテンションで一気に野鮎を取り込めます。パワーとしては今までの競技シリーズの引抜早瀬では最も強く極上の万能竿で、いろんな意味で最強な仕上がりです。

まさにオールラウンダー
幅広く対応してくれ、支流の小場所でも活躍してくれた。取り回しもよくまさにオールラウンダーである。
感度も向上
繊細なオトリ操作が要求される泳がせ釣り。微妙なテンションがかけられ感度も向上している。
極上の万能竿
古座川では23cmクラスが多かったが26cmクラスまでならなんなく引き抜ける。
あらゆるポイントで楽しめる操作性
終盤の和歌山県古座川でのフィールドテスト。シャキッとした操作性で持ち重りがなく、あらゆるポイントで楽しめた。

引抜急瀬8.5m 9.0m 9.5m

力と粘りで瀬を制する
更なる進化を遂げた究極瀬釣りロッド
田嶋 剛たじま つよし
激流の帝王、野嶋玉造氏に師事し、全国の急流河川を釣り歩く。果敢に荒瀬に入って次々と大鮎を仕留める姿は"激流のスナイパー"と呼ぶにふさわしい。1969年生まれ。群馬県渋川市在住。

瀬での釣りにおいての必要な要素である底石の状況や野鮎の有無を判断できる感度性能、掛かった鮎を水面まで素早く浮かし取り込めるパワー、瀬の流れの中での大型のオトリを思い通りに操作できる操作性を兼ね備えています。それでいて引抜急瀬シリーズで最も重点を置いたのは、「身切れによるバレの軽減」です。瀬の流れの中で掛かり鮎とやり取りしている際に、身切れによるバレでオトリ鮎だけ水面を切って飛ぶ場面は良く目にする光景です。引き抜きの際に掛かり鮎に身切れを起こしてしまうまでの急激なテンションが掛かりにくいように、竿の手前部分に粘りをもたせています。また、穂先から3番節までネジレを防止するPCSを採用し張りも向上させているため、パワーを発揮する胴部分までスムーズに曲りの支点が移動するので引き抜きパワーも向上しています。それに加えて、バレも軽減できるため、瀬での大鮎釣りがますます楽しくなるロッドです。ガンガンの急瀬で繊細に掛けて豪快に取り込む醍醐味を是非ご堪能ください。

急流河川での瀬釣りにも最適
「引抜急瀬」は急流河川の瀬釣りに最適。フィールドテストは球磨川、五ヶ瀬川、九頭竜川、神通川、狩野川で行った。写真は九頭竜川でのファイトシーン。
メインターゲットは22cmから27cm
繊細に掛けて豪快に取り込む。田嶋の真骨頂。この竿のメインターゲットは22〜27cm。
堂々の27cmはまさに力の証明
九頭竜川の急瀬から引き抜いた堂々の27㎝。まさに力の証明となった。

ラインナップ

[コンフォームテーブル]

調子 トロ場で
繊細に
泳がせる
チャラ瀬で
小型~中型を
狙う
早瀬で
小型~中型を
狙う
早瀬で
中型~大型を
狙う
(オモリ無し)
早瀬で
中型~大型を
狙う
(オモリ有り)
大トロで
中型~大型を
狙う
急瀬で
大型を狙う
荒瀬で
オモリを使用し
大型を狙う
荒瀬で
巨鮎を狙う
硬中硬
胴抜早瀬
引抜早瀬
引抜急瀬

[スペック]

POINT:テクノチタントップ替穂先 SIIソリッドトップ替穂先 付属

  • 振出
  • ダイレクト
  • チタン
  • ソリッド
  • チュブラ
  • エア尻栓
  • テクノチタントップ

    テクノチタントップはβチタンの中空構造かつ高弾性素材なので、従来の形状記憶合金に比べ、軽く、張りがあります。これにより、カーボンチューブラとさほど変わらない持ち重りやパワーで、なおかつ金属特有の高感度を実現しました。

    テクノチタントップ
  • エクストラセンサー

    感度を向上させるための特殊設計。力の流れを若干止める部分をあえて作ることにより、そこで振動が生まれ感度が向上するので、ラインから伝わる僅かなテンション変化を敏感に感じることができます。

    エクストラセンサー
  • PCS(パワークロスシステム)

    引抜急瀬のみ

    従来のカーボン素成に45°方向の高強度カーボン繊維を双方向から入れることにより、ネジレに対する剛性を強化しました。これにより、ロッド全体の反発力・パワーを遺憾なく発揮し、ロッド本来のポテンシャルを100%近く引き出すことができます。

    PCS
  • スタビライザーシステム

    硬中硬・胴抜早瀬・引抜早瀬のみ

    引き抜きコントロール性能を向上させるシステム。引き抜き時に鮎をコントロールするのを主に担う#3に着目。引き抜き時の竿のブレをなくすために#3をネジレに対して強化。対方向性が向上し、安定した引き抜きが可能になります。

    スタビライザーシステム
がま鮎 競技(きょうぎ)スペシャル ブイセブン(全国釣竿公正取引協議会認定第8885号)
調子 標準全長
(m)
標準自重
(g)
仕舞寸法
(cm)
継数
(本)
先径
(mm)
替穂先径
(㎜)
(ソリッド)
替穂先径(㎜)
(テクノチタン)
元径
(mm)
適正ナイロン・
フロロライン
(号)
適正金属・
複合ライン
(号)
錘負荷
(号)
硬中硬 9 208 138.8 8 1.8 0.7 0.8 25.3 0.125~0.6 0.03~0.15 0~5
胴抜早瀬 9 218 138.8 8 1.8 0.7 0.8 26.3 0.15~0.6 0.04~0.2 0~8
引抜早瀬 8.5 200 138.8 8 1.8 0.7 0.8 25.3 0.15~0.6 0.04~0.2 0~8
引抜早瀬 8.8 210 138.8 8 1.8 0.7 0.8 25.3 0.15~0.6 0.04~0.2 0~8
引抜早瀬 9 230 138.8 8 1.8 0.7 0.8 26.8 0.15~0.6 0.04~0.2 0~8
引抜急瀬 8.5 228 138.8 8 2.1 0.8 0.8 26.3 0.2~0.8 0.06~0.25 0~10
引抜急瀬 9 248 138.8 8 2.1 0.8 0.8 27.3 0.2~0.8 0.06~0.25 0~10
引抜急瀬 9.5 278 138.8 9 2.1 0.8 0.8 28.8 0.2~0.8 0.06~0.25 0~10

硬中硬

従来の硬中硬シリーズよりも細身で柔軟に仕上げています。そのため、軽量に仕上がるだけでなく、余計な張り感を払拭することで、オトリ鮎の操作時に違和感が出てしまうようなテンションを掛けにくく、掛かり鮎とのやりとりの際ものされにくい調子です。特に解禁当初の野鮎の皮が柔らかく、身切れが起きやすい状況でも、竿の張りが強すぎないので、トラブルが激減します。それに加えて細い仕掛けまで完全対応するので、繊細なアプローチができます。
繊細な仕掛けと柔軟なロッドの組み合わせにより小さなオトリでも無理なくオトリにできるので、解禁当初~7月初旬までの鮎が出来上がる前のシーズン序盤では、まさに競技ロッドとして大切な1匹を確実に取り込み循環させていけるロッドです。シャキッとした胴調子なので、掛かり鮎に遊ばれることなく取り込みもスムーズにこなせる上、オトリ鮎を自由自在にコントロールして鮎を掛けにいくことができる竿です。22㎝までならどのような河川でも対応しています。
特に中小河川での数釣りに威力を発揮するモデルです。

胴抜早瀬

新たにラインナップされた「胴抜早瀬」は、細身軽量の競技向け胴調子ロッドです。硬中硬シリーズの柔軟なアプローチ性能と引抜早瀬シリーズの大鮎まで対応したパワーを融合したモデルです。一番開発で重点を置いたのは「オトリ操作においていかに粘りをだすか。」という点です。具体的には、オトリにテンションを掛けてポイントを探っていく際に、常に野鮎から追われる絶妙な姿勢を保ちながら探っていけるようにしています。オトリの動きを感じるテンションを加えたとき2番節と3番節が柔軟に曲がってオトリの無駄な動きを吸収し、オトリ鮎がイヤイヤと頭を振る寸前の最も野鮎を挑発する姿勢を演出しやすいロッドです。また、その絶妙な状態をキープしたまま狙いの筋やポイントを探っていくことができます。竿先の張りと柔軟性という相反する要素のバランスを絶妙なセッティングにしているので、4番節まで曲げてオトリを操作しても、穂先に若干だけまだ曲がる余力が残っているので、絶妙なテンションコントロールが可能となりました。特に競技会でのフィールドでは、やる気十分な野鮎の反応がひっきりなしにある状況は少なく、いかにポイントを探りながら鮎を掛けていくかが勝敗において大きなポイントとなります。小型の鮎でも十分にオトリ操作に粘りを出すことができるので対象鮎サイズは小型~24,5㎝になります。20㎝前後までなら余裕で対応でき、23cm前後なら元竿を意識して曲げてやることで胴抜の本来のパワーが発揮されます。アグレッシブにオトリを動かして掛けに行く釣りができるロッドです。

引抜早瀬

軽快な操作性と高い感度を持ち合わせており、初期から後期まで多くのシーンで対応可能なシリーズです。先調子ロッドのような軽快な操作性で持ち重り感が非常に少ない低重心設計に仕上げていますが、前作に比べ胴部の粘りをUPすることにより、オトリの操作性が飛躍的に向上しました。掛けた後も鮎を浮かし、引き抜くパワーを上げております。特に取り回しの良さ、持ち重り感の軽減を徹底的に追求した8.5mと8.8mは、細身肉厚設計のため風切り性能にも優れておりますが、振った感じからは想像できないほどのパワーも内に秘めております。9.0mはオトリを自在に操る為に先調子のような竿先の張りと、胴調子のような中間部の粘りを絶妙なバランスで仕上げ、さらに引抜のパワーを高次元で実現しています。すべての長さの引抜早瀬で、様々な動作をスムーズに行える「がま鮎史上最高のオールマイティー」なロッドになっています。

引抜急瀬

瀬での釣りにおいての必要な要素である底石の状況や野鮎の有無を判断できる感度性能、掛かった鮎を水面まで素早く浮かし取り込めるパワー、瀬の流れの中での大型のオトリを思い通りに操作できる操作性を兼ね備えています。それでいて引抜急瀬シリーズで最も重点を置いたのは、「身切れによるバレの軽減」です。瀬の流れの中で掛かり鮎とやり取りしている際に、身切れによるバレでオトリ鮎だけ水面を切って飛ぶ場面は良く目にする光景です。引き抜きの際に掛かり鮎に身切れを起こしてしまうまでの急激なテンションが掛かりにくいように、最も負荷の掛かる竿の手前部分にショックアブソーバーになるよう粘りをもたせています。また、穂先から3番節までにオトリ操作時や取り込み時のロッドのネジレを防止するPCSを採用し張りも向上させているため、パワーを発揮する胴部分までスムーズに曲りの支点が移動するので引き抜きパワーも向上しています。それに加えて、バレも軽減できるため、瀬での大鮎釣りがますます楽しくなるロッドです。ガンガンの急瀬で繊細に掛けて豪快に取り込む醍醐味を是非ご堪能ください。

[ポジショニングマップ]

ポジショニングマップを
タップすると拡大表示します。

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表