イベント情報イベント情報

第41回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権
大会結果報告

大会
第41回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権
主催
株式会社 がまかつ
日時
2019年10月20日(日)~21日(月)
場所
茨城県 筑波流源湖

セット釣りの名手 変化する池の表情を読んだ攻めで連覇!
通算3度目のV!! 天笠 充選手

セット釣りの名手、天笠充選手(48・シード)がしっかり入れ込んで型を揃えG杯ヘラブナ釣り選手権史上4人目の2年連続、通算3度目の優勝を飾った。

「第41回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権」(株式会社がまかつ主催)が10月20日、21日の両日、茨城県八千代町の管理釣り場「筑波流源湖」で開催された。競技は山形県・千石の池、埼玉県・椎の木湖、滋賀・甲南へらの池など全国5会場の予選を勝ち抜いた30選手(シードを含む)が総重量を競った。
21日午後1時からの決勝戦は準決勝戦勝ち上がりの6選手が西桟橋東向きで2時間半対戦。強豪の天笠選手が途中、ライントラブルもあったが安定した釣りで26.0kg(36匹)釣り優勝。2位には関西のベテラン後藤田義臣選手(54・甲南へらの池)がグル宙で24.8kg(33匹)、3位には両ダンゴの高橋秀樹選手(48・椎の木湖)が24.2kg(30匹)で入り、それぞれシード権を獲得した。

【ヒーロー 天笠充選手】

天笠充選手 顔写真

磨き続けた「武器」 その先の世界へ

「(優勝は)何度でも気持ちのいいもんですよ」。2日間の激戦を勝ち抜いて来たとは思えないほどの柔和な表情で、3度目のお立ち台中央に立った喜びを言葉にした。

ホームでもある昨年の清遊湖は特別の思いで挑んだが「今年は優勝までのプランはなかった」。釣り方は決まっている。メーターのセット。毎日変化する池の表情を読み取り「その都度、状況によってエサだったりウキだったりを合わせて」いった。初日の予選2試合でしっかり貯金し、翌日の残り1試合は「拾う感じで」状況を分析し、準決勝でエサの状態、ウキの動きから次のステップへの対応を見極めながら19.2kg釣る余裕の勝ち上がり。

決勝戦は「この池はエサで合わせる」攻めを導き出して挑戦。途中、ライントラブルもあったが200回超の打ち込みで26.0kg釣り快勝。「エサの調整だけに専念し、迷わず冷静に釣りができた」と振り返る。

総重量を競うためのアプローチ方法はさまざまあるが「その数が多ければ多いほど学ぶことになる」。掛け合わせも数あるパターンから1つに絞り「大風や嵐になろうが、真夏の炎天下といったどんなときでも一日中釣る」。当然「入った池で1番を取る」ことを目標に練習を欠かさない。

仕事をする上で大半の人は自分の武器を持っている。「釣りも同じ」で正解のプロセス、成功体験をすべて覚えて自身の引き出し増やしていく。本番では「1つの釣りだけにこだわってやって来た人は他にいない」という実績と自信が、その場で必要なものを1つずつ出していく。「自分の強みを作ることで決勝でしのぎを削り合うとき結果につながるのだと思う」。

G杯ヘラブナ釣り選手権は1979年(昭和54年・大阪府・よしま池)に始まり41回続いたなかで3連覇した選手はいない。それだけ次回に期待も高まる。会場が変わるごとに「どんなセット釣りのポテンシャルを探せるのか」難問が投げかけられるほど「面白くて仕方ない」と言う。決めた釣り方を20年近く通し新たな領域へ歩を進める。「私にはまだ知らない世界があります。申し訳ないけどずっと釣り続けます」。天笠選手にとって優勝はあくまでも通過点にすぎないのだ。

【竿】「大型ヘラを釣るには持ってこい」
がまへら 天輝 9尺
「グリップ力があり一日中振っても疲れない」

流源湖は桟橋と水面の距離があるので元々9尺の竿で釣ろうと思っていました。竿の選択は、昨年優勝していただいた「がまへら 天輝 12尺」を使ってみて、振り込みもよく掛けたときの曲がり、パワーなどが好感触だったことから決めました。「天輝を準備して優勝しよう」がプランでした。
9尺はしっかりした重みがあり、高級感あるザラついた握りはグリップ力もあって、水にぬれても滑りません。ある程度の太さがありますから細身に比べて一日振っていても疲れを感じさせません。流源湖の大型ヘラを釣るには持ってこいの竿です。
それに竿の名前がいいです。と言うのは今回、昨年優勝したときの服を着てきたように私は験を担ぎます。天笠の「天」と母親の輝子の「輝」を合わせて「天輝」。まさに「天に輝く」です。この竿はみんなに自慢してもいい竿です。これからも愛用し続けます。

【上バリ】「エサ持ち際立つ」
改良ヤラズ(茶)8号

流源湖は昨年優勝しました清遊湖に比べ魚が大きく「バラケ勝負」と思って「8号」を選びました。このハリは形状、懐部分のわずかなカーブがよく、エサ持ちのいいことが際立っています。昨年も話しましたが、掛かりやすさと抜けにくいなどの特質を持っています。軸は細いですが、大きな魚が掛かっても安心して寄せて来られます。見た目や手に取った感触以上に丈夫さがあります。アオリが強いときなどは8号が適していると思います。

【下バリ】「実績十分、信頼の万能バリ」
コム4号

コム4号」は昨年も使いましたように、やはり万能のハリだと思っています。これまで実績も十分ありますし、今大会の釣りで改めてそれを確信しました。ハリ先は鋭く刺さりは申し分ありません。大きな魚が掛かっても折れるようなこともありません。普段は2、3、4号を準備していますが、4号は魚がたくさんいようが少なかろうが釣れてきます。ただ、流源湖では3号だと少し小さいです。今回も「コム4号」は選んだ信頼にしっかり応えてくれました。やはり頼もしいハリと言えます。

【天笠選手 プロフィール】
天笠充(あまがさ・みつる)。
1971年(昭和46年)4月4日生まれ、48歳。千葉県船橋市在住。会社員。ヘラブナ釣り歴19年。ホームグラウンドは清遊湖、富里乃堰(千葉県)。富堰釣好会所属。
G杯ヘラブナ釣り選手権3位までの成績は、第32回選手権(2010年・茨城県・友部湯崎湖)、同41回(2018年・千葉県・清遊湖)優勝、同29回(2007年・千葉県・富里乃堰)、同38回(2016年・茨城県・筑波湖)準優勝、同26回(2004年・茨城県・筑波湖)、同28回(2006年・栃木県・鬼怒川大自然)、同35回(2013年・愛知県・ひだ池)3位。

談話

2位・後藤田義臣選手の話
準決勝で宙釣りをして結果的に数釣れたので決勝戦もそのまま12尺のメーターのグル宙で通しました。ですがエサを打てば打つほどガサベラが寄ってきて美味しいエサが入らず、エサを入れようとするとカラになり、余計にエサが入らずどんどん難しくなってしまいました。仕方ないと思っています。あと年のせいかウキがよく見えなかったこともあり、本当に難しかったです。来年も頑張ります。
3位・高橋秀樹選手の話
本当に悔しいです。右腕が準決勝から肉離れの状態を起こし(エサを)ピンポイントに落とせなくなり、釣りが雑になってしまいました。それに準決勝のとき傷めたウキが決勝戦で折れてしまったのが致命傷でした。代わりのウキをいろいろ使いましたが遅かったです。(3位入賞に)11mの強風の日や大雨、台風の影響があるなか付き合ってくれた仲間に感謝です。来年は痛めた腰や膝など体を治して頑張ります。
棚網久審査委員長の話
決勝戦は後藤田義臣選手がリードし、高橋秀樹選手が挽回する状況でしたが、最終的には天笠充選手が勝ちました。釣り方の違いだったのかと思います。
天笠さんはここ2、3年どんな状態でも合わせて来ます。その技術を身に付けたのだろうと思います。3連覇に向けては知らない釣り場、苦手な釣り場を自分の中でどう克服するのか、どう変化させていくのか、それが課題でしょう。
後藤田さんは普段あまりしてない釣りだと思いますので、魚が上ずると難しくなります。もっと重いグルテンや長持ちするグルテンを使うと釣りやすかったのでは。(魚が)寄ったときの工夫が出来ればもう少し釣れたでしょう。高橋選手はダンゴもセットも両方出来ます。出来る人ほど釣り方で迷ってしまい決勝戦では結局、自分の好きなダンゴ釣りで通しました。
初出場の中国の国艦方選手(42・甲南へらの池)が独自の釣り方で決勝戦まで進まれました。最後はうまくいきませんでしたがまた是非、出場していただきたい。

決勝戦結果

順位 No. 氏名
代表会場
釣座 重量(kg) 枚数
優勝 1 天笠 充
シード選手
5 26.0 36
準優勝 7 後藤田 義臣
甲南へらの池
3 24.8 33
3位 20 高橋 秀樹
椎の木湖
1 24.2 30
4位 9 北川 忠
甲南へらの池
4 20.6 27
5位 13 伊丹 信人
シード選手
6 20.2 23
6位 17 国 艦方
甲南へらの池
2 16.0 22

準決勝結果

【1組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
2 中道 将浩
甲南へらの池
1 10.4 10.4 3
 
 
17 国 艦方
甲南へらの池
2 11.2 13.6 1
4.0
 
14 山村 慎一
椎の木湖
3 10.8 13.0 2
3.8
 
【2組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
5 近藤 弘
椎の木湖
4 9.8 15.2 2
7.0
 
9 北川 忠
甲南へらの池
5 6.4 16.0 1
11.2
 
6 水杉 良正
つつじ池
6 9.0 10.0 3
2.6
 
【3組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
13 伊丹 信人
シード選手
7 9.8 18.2 1
10.0
 
29 小林 恭之
清遊湖
8 4.2 11.6 3
9.0
 
24 松岡 憲彦
甲南へらの池
9 8.0 15.8 2
9.4
 
【4組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
20 高橋 秀樹
椎の木湖
10 10.2 17.8 1
9.2
 
21 中山 眞矢
清遊湖
11 7.8 7.8 3
 
 
15 都祭 義晃
シード選手
12 8.0 12.6 2
6.2
 
【5組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
22 押山 俊一
椎の木湖
13 7.8 7.8 3
 
 
16 小野 弘晶
甲南へらの池
14 8.4 16.0 2
9.2
 
1 天笠 充
シード選手
15 10.4 19.2 1
10.4
 
【6組】
No. 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
26 楠 康一
清遊湖
16 11.0 17.4 2
8.0
 
30 小泉 伸行
つつじ池
17 5.0 13.6 3
10.2
 
7 後藤田 義臣
甲南へらの池
18 11.0 23.0 1
10.0
5.2

※フラシカット:2杯目より1杯ごとにマイナス1.6kg

予選リーグ戦結果

結果を見る

【予選1組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
1 天笠 充
シード選手
1 3.6 11.2 23 9.6 15.2 15 9.8 9.8 36.2 1
9.2 7.2  
     
2 中道将浩
甲南へらの池
2 6.8 6.8 24 8.0 8.0 13 7.4 7.4 22.2 3
     
     
3 廣部良治
清遊湖
3 4.2 4.2 21 5.8 5.8 11 8.0 8.0 18.0 4
     
     
4 横澤光隆
椎の木湖
4 4.4 4.4 25 5.8 5.8 12 4.6 4.6 14.8 5
     
     
5 近藤 弘
椎の木湖
5 10.2 10.2 22 9.6 10.2 14 4.4 4.4 24.8 2
  2.2  
     
【予選2組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
6 水杉良正
つつじ池
6 10.8 13.0 20 9.0 9.0 3 5.2 5.2 27.2 3
3.8    
     
7 後藤田義臣
甲南へらの池
7 7.2 7.2 17 4.0 11.2 4 3.2 11.8 30.2 1
  8.8 10.2
     
8 鳥居裕輔
千石の池
8 8.4 8.4 19 9.0 9.0 1 6.4 6.4 23.8 5
     
     
9 北川 忠
甲南へらの池
9 6.8 6.8 18 2.4 11.0 5 3.6 11.8 29.6 2
  10.2 9.8
     
10 上村恭生
つつじ池
10 8.2 8.2 16 4.0 11.6 2 6.0 6.0 25.8 4
  9.2  
     
【予選3組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
11 結城勝彦
千石の池
11 2.8 2.8 27 7.0 7.0 6 6.6 6.6 16.4 5
     
     
12 前山智孝
つつじ池
12 3.2 3.2 30 6.4 6.4 9 7.6 7.6 17.2 4
     
     
13 伊丹信人
シード選手
13 8.2 8.2 29 4.0 12.0 10 3.4 3.4 23.6 2
  9.6  
     
14 山村慎一
椎の木湖
14 7.2 7.2 28 4.0 13.6 7 8.4 8.4 29.2 1
  11.2  
     
15 都祭義晃
シード選手
15 6.2 6.2 26 6.0 6.0 8 8.2 8.2 20.4 3
     
     
【予選4組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
16 小野弘晶
甲南へらの池
16 7.4 15.2 7 8.0 8.0 26 6.0 6.0 29.2 1
9.4    
     
17 国 艦方
甲南へらの池
17 9.8 9.8 8 7.8 7.8 30 5.4 5.4 23.0 3
     
     
18 手塚弘敏
椎の木湖
18 9.4 9.4 9 4.6 4.6 28 4.8 4.8 18.8 4
     
     
19 荒山進二
つつじ池
19 5.4 5.4 6 4.0 4.0 27 7.8 7.8 17.2 5
     
     
20 高橋秀樹
椎の木湖
20 10.8 12.4 10 7.4 7.4 29 6.2 6.2 26.0 2
3.2    
     
【予選5組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
21 中山眞矢
清遊湖
21 7.8 7.8 3 9.4 9.4 18 11.0 11.0 28.2 3
     
     
22 押山俊一
椎の木湖
22 10.0 11.2 1 10.0 11.4 16 7.0 7.0 29.6 2
2.8 3.0  
     
23 源 弘次
甲南へらの池
23 5.0 5.0 4 4.8 4.8 17 6.4 6.4 16.2 5
     
     
24 松岡憲彦
甲南へらの池
24 4.4 12.8 5 8.4 9.2 19 11.0 11.8 33.8 1
10.0 2.4 2.4
     
25 松成 満
甲南へらの池
25 4.4 13.8 2 8.0 8.0 20 4.8 4.8 26.6 4
11.0    
     
【予選6組】
No. 氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
26 楠 康一
清遊湖
26 9.6 9.6 14 4.8 13.6 23 7.0 7.0 30.2 2
  10.4  
     
27 生天目弘次
千石の池
27 9.6 9.6 12 7.0 7.0 25 7.0 7.0 23.6 5
     
     
28 西沢良純
清遊湖
28 9.8 9.8 13 8.8 8.8 21 5.4 5.4 24.0 4
     
     
29 小林恭之
清遊湖
29 9.2 9.2 15 9.0 9.0 22 12.0 17.4 35.6 1
    7.0
     
30 小泉伸行
つつじ池
30 6.0 6.0 11 11.2 11.2 24 8.0 8.0 25.2 3
     
     

※敬称略

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表



がまかつ

マイナビ2020

YouTube がまかつ公式チャンネル

Facebook