がまかつ

HOME

  • 会社概要
  • お知らせ
  • 製品情報
  • イベント情報
  • 釣り情報
  • 採用情報

外部リンク

イベント情報イベント情報

第37回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権
大会結果報告

大会
第37回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権
主催
株式会社 がまかつ
日時
平成28年10月3日(月)
場所
徳島県徳島市 小松海岸

遠投攻め、素バリなし!驚異の71匹!!
早坂直人選手が7度目の挑戦で悲願の初V!

立ち位置、投点の角度を微妙に変えながら遠投で確実にキスを食わせた早坂直人選手(44=福田海岸)が悲願のG杯を手にした。「第37回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権」(主催・(株)がまかつ)が10月2日、3日に徳島市・小松海岸で開催された。全国6会場の予選勝ち上がりの30選手(シード選手を含む)が参加、釣ったキスの総匹数を競った。3日午後からの決勝戦は秋雨前線の影響で断続的に降る雨と風、波の高いなかで1時間半戦い、早坂選手が7色の遠投攻めで9投し素バリなしの驚異の71匹釣りで鈴木剛選手(36=新潟・柿崎中央海岸)に28匹の大差をつけて優勝。3位には35匹で昨年2位の渡辺慎二選手(53=シード)が入った。また昨年優勝の香川勇治選手(53=シード)は序盤の出遅れが響き5位だった。

【ヒーロー 早坂直人選手】

早坂直人選手 顔写真

立ち位置、角度も微妙に変化させる
計算された攻め 見事なまでの釣技

「ヨッシャー!」 決勝戦終了のホーンと同時に、波音を消すほどの早坂選手の雄叫びが響いた。「いけた(優勝できた)と確信したのでつい叫んでしまいました」。緊張感から解き放された表彰台の上では表情も緩みっぱなし。「今年こそは(G杯を)絶対に取る」。その信念が実った。
決勝戦は東向きの南端。13本バリで向かい風のなか7色超の遠投。「6・7から6・2色に魚がいた。あとは目標の40匹を釣るだけ」。キスが小型だったことから、「キスが食いやすいようにエサをきっちり付ける」ことにこだわった。
アタリを取れば「ゆっくり丁寧にサビき」魚に違和感を与えない絶妙な早坂流の速さでラインを巻き「途中で止めない」で手前に持って来る。
仕掛けの投入ごとに立ち位置、角度も微妙に変化させ「同じ所を釣らないで、ちょっとだけズラして散った魚を釣る」。まさに計算された攻めだった。その自信の表れ通り1時間半で9投。1投目こそ仕掛けのトラブルで2匹だったが2投目から8、8、11、11匹...安定した釣果を続け、素バリなしの目標を上回る71匹。見事なまでの釣技だった。
生まれは北海道。子供のころから「渓流釣りやワカサギ釣りを楽しんだ」。富士市に転居した後、近くの海岸で「キス釣りの人を見かけ、これなら天候が悪くても楽しめる」と、すぐ仲間入り。自信がついたころ釣りクラブに入部。その後、勧められて大会に参加したが「けちょんけちょんにやられた」ことから発憤。釣行は「海が荒れようが風が吹こうが竿を出す」。大会で荒れた海を想定してのことだ。
G杯の全国大会には6回出場したがすべて予選落ち。今年7度目の挑戦で初めて決勝戦の舞台に立った。「G杯はファイナルに残るのが至難の業ですが、来年もう一度表彰台に上がりたい」と自信たっぷりに言い切った。

【竿】先調子で遠投効く 小さなアタリも確実に伝えてくれる 振り抜け抜群!
「がま投 競技スペシャル 33号 4.05m」

大会当日は「向かい風」が予想されたのと、ある程度の「飛距離が必要」と思って「がま投 競技スペシャル」シリーズの中から「がま投 競技スペシャル 33号 4.05m」を選びました。
先調子で遠投力は効くし、振り抜けも抜群です。手になじみ、何より振ったときの感触が気に入っています。底の状態も把握しやすいし小さな魚のアタリも確実に伝えてくれ、手前に誘導して来るのには持って来いです。
魚の食う距離が近ければ柔らかい「27号」、「30号」を選んだと思いますが、あのタフな天候だからこその竿でした。G杯獲得に力添えしてくれた竿はもう絶対手放せません。

【ハリ】細身で掛かり抜群! 信頼できるハリ
秋田狐 3.5号

魚が小さかったこととイシゴカイの尻尾の部分だけを付ける予定だったので、懐部分が狭くて軸の長い狐型の中から「秋田狐 3.5号」を選びました。
全体に細身で掛かりは申し分ないので、普段から信頼してよく使っているハリです。当日の魚の大きさからするとワンランク下げた「3号」あたりが良いのでしょうが、慣れた「3.5号」で勝負しました。魚が掛かればバラさないで手前まで引っ張って来る自信はありました。今後も信頼して使い続けます。

【早坂選手 プロフィール】
早坂直人(はやさか・なおと) 1972年(昭和47年)1月19日生まれ、44歳。静岡県富士市在住。会社員。キス釣り歴10年。他に波止、渓流、ルアー、フライフィッシングも楽しむ。ホームグラウンドは静岡県東部海岸。GFG東海、ファイティングサーフ所属。

談話

2位・鈴木剛選手
優勝を狙っていたので(2位は)悔しかったですが、初めて表彰台に立てて気分はよかったです。G杯はレベル高いので、簡単には勝てません。来年は、課題のキャスティングの技術、取りこぼしのない(仕掛けの)回収を勉強したい。(優勝した)早坂さんのサビキと回収の間の微妙なスピードをしっかり学んで、来年につなげたいです。
竿=がま投 競技スペシャル II 35号 4.05m ハリ=都鈎 2.5号
3位・渡辺慎二選手
昨年(初出場で2位)より下がりましたが満足しています。魚影の濃い所を攻めたかったが、出来てなかった。憧れの権威あるG杯で(九州の代表と思って出場した)昨年、今年と続けて表彰台に上がったことから、地元の若手らにもスイッチが入ったと聞きました。来年は残るひとつ(優勝)を埋めるよう自分の責任として頑張ります。
竿=がま投 アルテイシア 35号 4.05m ハリ=秋田狐 3.5号
矢野勝彦審査委員長
予選は向かい風が強いなかで行われ、予想通り遠投力のある人が決勝戦に抜けて来ました。釣果も80匹超でも決勝戦へ進めない選手があるなど熾烈な戦いとなりました。決勝戦は6人中5人が遠投派で、長い仕掛けを上手に操って、毎回丁寧にもつらせないで上げるには相当な技術が必要のはずです。毎年レベルがあがっており、並の力ではG杯獲得はおろか決勝戦へも進めなくなってきたのが現状です。
来年も全国から予選を通過して来る選手らがどんな戦いを見せてくれるかますます楽しみです。

決勝戦

順位 ゼッケン 氏名 地区 合計尾数 合計重量(g)
優勝 26 早坂 直人 福田海岸 71 332
準優勝 18 鈴木 剛 柿崎中央海岸 43 200
3位 19 渡辺 慎二 シード 35 197
4位 10 吉野 海洋 大磯海岸 32 147
5位 24 香川 勇治 シード 31 167
6位 6 米原 史郎 高松海岸 15 97

予選結果

結果を見る

【A組】
ゼッケン 氏名 代表会場 1回戦 2回戦 3回戦 合計尾数 順位
第1エリア 第2エリア 第3エリア
1 佐野 一博 大磯海岸 25 18 23 66  
2 瓜生 浩二 尾浜海岸 34 11 20 65  
3 飯田 幸雄 福田海岸 9 17 12 38  
4 市野 範安 尾浜海岸 19 26 11 56  
5 川添 義治 小松海岸 7 14 22 43  
6 米原 史朗 高松海岸 21 19 31 71 1
7 小島 健治 シード 10 27 26 63  
8 力石 一穂 柿崎中央海岸 19 19 18 56  
9 松田 義征 大磯海岸 17 17 19 53  
10 吉野 海洋 大磯海岸 13 23 31 67 2
【B組】
ゼッケン 氏名 代表会場 1回戦 2回戦 3回戦 合計尾数 順位
第2エリア 第3エリア 第1エリア
11 広瀬 政春 高松海岸 8 24 34 66  
12 伊藤 勇 福田海岸 8 16 27 51  
13 本間 剛 高松海岸 25 33 28 86  
14 上井 哲男 福田海岸 24 21 24 69  
15 八木 俊二 小松海岸 16 17 17 50  
16 西向 雅之 柿崎中央海岸 8 26 24 58  
17 稲葉 敦彦 大磯海岸 13 24 33 70  
18 鈴木 剛 柿崎中央海岸 18 34 37 89 2
19 渡辺 慎二 シード 33 20 41 94 1
20 都筑 久二 福田海岸 7 7 11 25  
【C組】
ゼッケン 氏名 代表会場 1回戦 2回戦 3回戦 合計尾数 順位
第3エリア 第1エリア 第2エリア
21 太田 健 柿崎中央海岸 18 16 35 69  
22 望月 安由 福田海岸 13 8 6 27  
23 吉浜 朝義 高松海岸 12 14 22 48  
24 香川 勇治 シード 23 30 32 85 2
25 中田 健治 高松海岸 22 15 10 47  
26 早坂 直人 福田海岸 33 38 27 98 1
27 猪熊 洋典 大磯海岸 23 36 18 77  
28 林 信也 尾浜海岸 9 28 37 74  
29 山元 隆 柿崎中央海岸 17 12 19 48  
30 黒田 和比古 大磯海岸 17 24 14 55  

※敬称略

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表

がまかつ